自毛植毛はアレルギーの心配がなく評判が良い

薄毛は病院で治そう

2人の男性医師

病院での薄毛治療

近年、AGA、つまり男性型脱毛症の研究が進んでいます。AGAとは、思春期を過ぎた男性の頭髪が薄くなる現象をさします。遺伝的要素やホルモンが関係しているといわれるこのAGAの治療に、皮膚科を訪れる男性が増えています。そのメリットはやはり、医学的根拠にもとづいた発毛のための治療を受けられることです。皮膚科では、遺伝子検査を行うことで、その人に合った発毛の方法を見つけることができます。生活習慣の改善ももちろんですが、皮膚科ではさらに、発毛に効果のある医薬品の処方もしてくれます。発毛の治療では主に、ミノキシジルという外用薬と、フィナステリドという内服薬が用いられます。そうした医薬品を利用できるのも、皮膚科に通う男性が多い理由のひとつです。

病院選びのポイント

発毛の治療に訪れるなら、専門の病院を選びましょう。AGAの原因は多様です。遺伝であったり、男性ホルモンが関係していたり、生活習慣やストレスが発毛阻害の原因となることもあります。その人に合った治療法を見つけることが、発毛の治療にはもっとも大切なのです。発毛専門の皮膚科の中には、初期の段階で、遺伝子検査を行うところがあります。遺伝子検査の結果にもとづき、生活指導、ストレス状況の改善、ミノキシジルやフィナステリドといった医薬品の処方を行うのです。脱毛の原因はさまざまですから、発毛の治療にはそうした個々の対応が必要となります。柔軟な対応をしてくれる皮膚科を選ぶのが大切です。